FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クランクアップまで待てない 13
(何で意識してんだよ、俺)

ガバッと服を脱いで風呂に入ったのはいいが、外で待つ角田の事ばかり考えてしまってどうにも落ち着かない。

着替えを持ってくるのを忘れた俺は風呂上がりにタオルを腰に巻いて出るしかなく、部屋で待つ角田の視線に晒された。

「宗輔さん、裸で寝る人なんですか?」

「違うって。着替え持っていくの忘れたんだ」

押入れの中にある収納から着替えを取り出し、コソコソと身につける。

「布団、一組しかしがないですよね。もしかして、恋人の役作りで誘っているんですか?」

そんなつもりは全くない。全てが急すぎてついていけてないだけだ。

「バ、バカ言うな。誘ってなんか…ない」

振り向けば真後ろに角田が立っている。

「恋人役、その気になってくれたんですね」

見詰める彼の瞳の奥に欲情の色が見えた気がした。
「違っ…そんなんじゃ」

肩を掴まれて引き寄せられたかと思えば布団に組み敷かれそうになって咄嗟に拳が出た。

手に痛みを感じて前を見ると、角田が尻餅をついて驚いている。
口の端からは血が滲んでいた。

「わ、悪い。つい…」


謝ったが、角田は無言のまま口を拭っている。

「お前が…襲いかかってくるから」

俺の言葉に角田が苦い顔をする。

「大丈夫です」

今までの柔らかい表情とは打って変わって真面目な顔になった角田が視線を逸らした。

「冷やした方がいい。明日また打ち合わせがあるし」

背中を向けた彼が「気にしないでください」と毛布を手にした。

「もう寝ます。お先に…」

布団を使わずに部屋の端で毛布にくるまった角田を見て、怒らせてしまったと後悔した。

角田は別に俺を襲ったわけじゃない。男の俺を襲っても何の得にもならないのだから。

恐らくこれからの撮影をスムーズにさせるためにスキンシップを取ろうとしただけだ。

一瞬見えた角田の雄の視線に体が咄嗟に動いてしまった。

それにしても大きな体に毛布一枚は見ていて良いものじゃない。寝る支度を終えて布団に入ったが、角田が気になって眠れなかった。

(あいつ、風邪引いちまうかも)

ここに呼んだのは俺だし、このまま朝まで気になって眠れないのは嫌なので仕方なく起き上がった。

「おい角田、布団使えよ」

返事がない。もう寝てしまったのだろうか。

毛布をめくって顔を覗くと瞼は閉じられていている。整った顔立ちについ見惚れていると、キスした事を思い出してドキマギした。

「布団まで運ぶか?」

それは無理なので布団の方を角田の傍まで移動してから上半身を持ち上げた。

「お、重い」

寝ている相手を動かすのは一苦労だ。

「や、うあっ…」

自分の足につまずいてバランスを崩し、踏ん張りきれずに角田の身体の上に倒れ込んだ。

「ん…なんですか、一体」

目を覚ました角田が上に乗った俺を見て驚いている。

「宗輔さん、寝てる俺に抱きつくなんて本当は積極的なんですね。恥ずかしがりってやつですか?」

「ち、ちがう…」

離れようとすれば抱き竦められた。

「一人で練習はなしですよ?」

「ち、違うんだ。俺はただ、布団に運ぼうと…んっ」

訳を話し終える間も無く唇を塞がれた。舌が入ってきて体の力が抜ける。

角田のキスは情熱的で、抵抗する余裕なんてなくなってしまう。ちゅっと音を立てて離れた角田が布団に移り俺の身体を引き寄せる。

「ちょっ…お前一人で寝ろよ」

「駄目です。宗輔さんちなんですから。それに一緒に寝ればあったかいし」

誰かと同じ布団で寝ることなんで久しく無かった。確かに温かい。このままだと俺の場合、温かいのを通り越して熱くなってしまいそうだ。

抱きつく角田を意識してしまっていた。


← 前話へ ◆ 次話へ →     

★携帯版目次へ★


親切心が思わぬ方向へ(笑)
乗っかっちゃったら、そりゃ勘違いしますよね、この場合は。
一緒に布団で寝る羽目になりましたが、どうなるでしょう(ムフフ)

昨日も多くのポチありがとうございました。
角田に頑張って手を出してもらわなきゃ(笑)
期待に応えてくれるかな?

ランキングに参加しています♪
続きを楽しみにして下さる方は是非お願いします❤

こちらを是非↓ポチっと♪

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

佐久良 ゆう希

Author:佐久良 ゆう希
性格:明朗活発 ノー天気 観察好き

男前の江戸っ子。ヘタレ好きだが実を言うと自分がヘタレかも。 

オリジナルBL連載小説(オンライン携帯小説)です。

18禁表現(性的描写)がございますので、年齢に満たない方や表現が苦手な方はご注意ください。

能天気の割に凹んで書けなくなります(笑)
応援して頂ける方は、読み終わりましたらポチっと宜しくお願いしますm(__)m

かなりリアルな同性愛&性描写がありますのでダメなかたはご遠慮ください★

著作権は放棄しておりませんので、ここに掲載されている文章の無断使用、無断転載などはお断りいたします。

リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
◇ 目次一覧 ◇
お勧めコミュニティ↓
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

色々な作品がありますので、気になったら読んでみて下さい。
罪の代償(目次用) LOVE表紙      ラブ・トラップ(目次用2) ラブ・トリップ(目次用)

同性愛 18禁 性描写 恋愛小説 BL小説 BL小説 

最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
アクセスカウンタ
PVアクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。