FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
クランクアップまで待てない 8
「角田、何でここに居るんだ?あの娘達は…」

思い出したら胸の奥がモヤモヤしてきて角田が見れなくなった。

「ああ、さっきの?挨拶ですよ」

「挨拶って、主演の俺には無かったし」

「嫉妬ですか?宗輔さんもやっぱり女の子にモテたい?」

「ンな訳あるか!俺はお前みたいにカッコ良くないし、チャラチャラしてない」

すると掴んでいた手の力が抜けた。

「チャラチャラしてる?俺がですか?」

トーンの下がった角田が寂しそうな目をした。
「俺は…一人に好かれたら、それでいいんです。自分の想っている人に」

真剣な表情の角田はまた別の魅力があってドキドキする。

想われている相手が聞いたら蕩けてしまうほど嬉しいだろう。

「モテる奴は良いよな、そんな風に言えてさ。俺はずっとバイトに明け暮れてたし」

「好きな人は?」

前にも同じ事を聞かれた。

「こんな事を話してる時点で居ないって分かれよ。角田みたいに慣れて…ないし」

キスが上手かった。鼓動が跳ね上がるほど。

目が泳いでしまうと角田が一歩近づき腕をった。

「本当に?」

「ああ、随分前に別れたからな」

顔が近い。
ふと芽衣の言葉を思い出した。角田は相手の役者とスキンシップを取って役になり切るのを得意としていると。

思い起こせば確かに初めから距離が近かった。
そういうやり方をした事がない自分はなかなかそれに馴染めないでいるが。

「今、男の人と電話をしてましたよね?顔出すって、その人は宗輔さんの知り合いですか?」

何でそんなことを聞いてくるのか。干渉してくる角田の手を振り払って歩き出した。

「まあな、俺を猫みたいに思っている人」

「ネコって…」

「この仕事が入ってバイトに行けなくなったんだ。話す相手が急に居なくなっておまけに忙しいときたら…猫の手も借りたくなるよな?」

自分で言った事が駄洒落になっているのに気付いて、「俺、やっぱり猫扱いかよ」と笑った。

「行かなくていいです。それより宗輔さんは俺のうちに来て下さい。さっき監督にも報告した通り映画を作る事に専念して貰います。良い作品を作る為に」

それはもっともだが、角田の家に泊まらなくたって役作りは出来る。

「敏朗さんの様子は見に行く。角田んちは遠慮しとくよ」

近道をしようと公園に入り、汽車を模した遊具の脇を歩く。
角田はまだついてくる。

「俺の恋人になって貰わなきゃならないんだ。台本、読んで無いなんて言わせないですよ?」

肩を掴まれて振り返ると、真剣な顔の角田が遊具に俺を押し付けた。

「なっ、何だよ、角田…」

「分かってますか?本気のキスも、セックスシーンだってある」

「そ、それは知ってる。でも、そのシーンはその時何とか…」

言ったのはいいが、そのシーンをどう演じるかは何も考えていない。

「この話は…彼女のいる宗輔さんが少しずつ俺を好きになる話なんです。想いが通じた俺はあなたをベッドで抱くんだ。そこが見せ場でしょう?ちゃんと演じられるんですか?」

「そう言われたら…自信がないけど」

今回の件では滝川社長から釘を刺されている。うまく行けばこの先の話も来るが、失敗すれば俳優として残れるかどうか。

同性愛の葛藤を演じるのはそれくらい難しい。

「だからうちへ来て一緒に生活をするのが早いんです。俺の事を良く知って貰う必要があるし、慣れてもらわないとキスだって…」

腕をコンクリートに押し付けられて顔を歪めた。

「何すんだよ」

見上げれば精悍な顔が俺を見つめている。

「キスですよ」

恥ずかしげもなく返された言葉にこっちが動揺して顔が熱くなった。


← 前話へ ◆ 次話へ →     

★携帯版目次へ★


角田、かなり強引です(笑)
こんなに迫られたら堕ちるのも時間の問題ですかね。
まだ野上が控えてますから、奪い返しにくるかな?
みなさん、楽しんでもらえてますか?
だんだんポチも増えてきているので日曜日も更新させてもらいました。
待っていてくださる方、悶えていただきたいっす!
早くR来ないかな?って?


ランキングに参加しています♪
続きを楽しみにして下さる方は是非お願いします❤

こちらを是非↓ポチっと♪

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

佐久良 ゆう希

Author:佐久良 ゆう希
性格:明朗活発 ノー天気 観察好き

男前の江戸っ子。ヘタレ好きだが実を言うと自分がヘタレかも。 

オリジナルBL連載小説(オンライン携帯小説)です。

18禁表現(性的描写)がございますので、年齢に満たない方や表現が苦手な方はご注意ください。

能天気の割に凹んで書けなくなります(笑)
応援して頂ける方は、読み終わりましたらポチっと宜しくお願いしますm(__)m

かなりリアルな同性愛&性描写がありますのでダメなかたはご遠慮ください★

著作権は放棄しておりませんので、ここに掲載されている文章の無断使用、無断転載などはお断りいたします。

リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
◇ 目次一覧 ◇
お勧めコミュニティ↓
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

色々な作品がありますので、気になったら読んでみて下さい。
罪の代償(目次用) LOVE表紙      ラブ・トラップ(目次用2) ラブ・トリップ(目次用)

同性愛 18禁 性描写 恋愛小説 BL小説 BL小説 

最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
アクセスカウンタ
PVアクセスランキング